健康管理機能に期待が持てる新しいiPhone

スマートフォンと呼ばれる多機能携帯電話は、これまでの携帯電話のシェアを大きく塗り替える存在として知られています。

各キャリアやメーカーからは次々と新しい機種がリリースされており、その機能や性能の向上のスピードは非常に目覚ましいものとなっています。



そうした中で特に注目度の高い機種の一つが、アメリカのAppleがリリースするiPhoneです。

現在基本ソフトであるiOSはバージョン8までリリースされており、標準で搭載されているアプリも革新的な物が多数登場しています。

そうした中でも特に注目度と将来的な拡張性に期待が持てるのがヘルスケアと呼ばれる機能です。



これは各iPhoneユーザー一人ひとりの健康状態を一元的に管理できるツールで、身長や体重、血圧や心拍数、生活の中での運動量や睡眠時間といった、非常に多くの項目をログすることができるのがメリットです。




ヘルスケアアプリ単体での使用の他、他のアプリと連携をすることで、より詳細なデータを管理することが可能で、生活習慣の改善やフィットネス、またはトレーニングの管理といった物にまで活用できる可能性を秘めています。




現在は、対応するアプリがリリースされていない状態のため、その機能性を十分に生かす環境は整ってはいませんが、近くリリース予定のウェアラブル端末であるiwatchとiPhoneとの連携にも大きく関わるものとして、各業界から高い注目を集めるものとなっています。